企業理念

企業理念

私たちはいつも真っ先に名前が浮かぶ会社でありたいと思っています

 「ドリーム(お客様の夢)、シンパシー(共感)」

弊社の社名には私どもの「思い」が詰まっております。
個人のお客様、法人のお客様、ともに「夢」や「思い」があります。
私どもはその夢の実現の一助を担いたいと強く思い、この社名を掲げております。

私たちが生きていく上で、大成功しているときもあれば困難に直面するときもあります。
どんな時でも真っ先に弊社の名前を浮かべていただける、そしてどんな事でもご相談頂ける会社でありたいと思っております。
私どもがご提供しているサービス以外のことでも誠心誠意対応させて頂きます!
ともに成長していきたいと思って頂けるよう、社員一同日々努力していきたいと思います。

生命保険とITはご縁と絆を強くする架け橋

 私たちは生命保険の代理店からスタートした会社です。

生命保険にご加入頂くときは万が一のときを考えてご加入頂きますが、信頼関係がなければご提案のスタートラインに立つことすらできません。
お客様とより深い信頼関係を構築することこそが一番重要なことだと考えております。

生命保険がお役にたつときというのは、年金保険の受取開始時や養老保険の満期受取時を除き、万が一のときがほとんどです。
万が一の場合はもちろんですが、日々のお客様との関係を大切にし、別の分野からもお役にたちたいという思いから、ITサービスも会社設立後まもなく、スタートさせました。

まさかのときにお役にたてるサービスと、日々お役に立てるサービスとの両立を目指し、強い絆がある関係でありたいと、切に願っております。

新たな架け橋でどんなご縁も大切に育む

 そして、お客様との架け橋はもちろん生命保険だけではありません。
リスクマネジメントの観点から、生命保険が必ずしも必要でない場合も想定されます。
「どんなご縁も大切に育んでいきたい」、その思いから生命保険以外の新たな架け橋も架けていきたいと考えています。

ドリームシンパシーは、「生命保険」と「IT」の2つの側面から、お客様のお役に立てる情報・サービスをご提供し続けます。